理想の同人誌を作りたいなら専門の印刷業者をフル活用!

自分の本を制作する

どういった点に着目するか

印刷物

同人とは同じ趣味趣向を持っている人のことを指し、このような方たちによって製作された出版物を同人誌と呼びます。この同人誌を印刷する際にはいくつか踏まえておくべきことがあります。同人誌の印刷には大きく分けると業者へ依頼して作成する方法と自身で印刷から製本までする方法の二つがあります。どちらの方法にも言えることですが、ページの抜けや順番があっているかどうかの確認を怠ってはいけません。この点に間違いがあった場合、製本前であればページを入れ替えたりするなどの対処が可能ですが、製本後に気づいた場合は全ての本に対して差し替え作業などを行う必要があります。それには手間もかかる上に完成後の見映えも劣ってしまいます。特に印刷会社へ注文する場合は、製本前ではなく提出前にデータを確認しましょう。他にも、これは同人誌に限ったことではありませんが、本の最終ページとして著者名や印刷の際に利用した印刷所名などの必要事項を記載する奥付を入れましょう。こうすることによりこの本の責任者が誰であるかを明示可能なだけでなく、印刷会社へ依頼する際も業者側が安心してその本を印刷することができます。また、本の内容に関してですが、成人向けのものは表紙に必ず年齢制限があることを表明するマークを印刷しましょう。これにより未成年者の購入を事前に防ぐことへ繋がります。同人誌印刷の際に以上の点に気をつけることで読者などが安心して読むことができる他、業者へ依頼する際も滞りなく出版物を制作することができます。なお、印刷を依頼する際には支払い方法も確認しておきましょう。クレジットカードなどのWEB決済ができる業者であれば便利です。

対応のチェックが必要

CMYK

同人誌活動をしている人にとって、印刷会社選びはとても重要ではないでしょうか。少しでも印刷費用を抑えたい人もいるでしょうし、イベントに向けて時間がないためすぐに対応できるところを探している人もいるでしょう。この同人誌に対応している印刷会社はネットでも簡単に見つけることができます。多くの人が印刷代が安いところを選ぶのですが、その他にも選ぶポイントがいくつかあります。まずチェックしたいのが対応しているデータです。最近ではデジタル原稿が一般的となっています。しかし、同人誌を描いている人の中には、手書き原稿で入稿したいという人もいるでしょう。この場合では、手書き原稿に対応している会社なのかをチェックする必要があります。また、デジタル原稿であってもソフトの違いによってデータが対応していないケースもあります。そのため、同人誌印刷では、どのような入稿ができるのかをチェックする必要があります。納期も印刷会社によって違いがあります。イベントまであまり余裕がないといった時には、この納期をポイントにして選ぶと良いでしょう。この場合では発送方法についても確認しましょう。業者によってはイベント会場まで直接届けてくれるところもあります。もしもの時を考えると、このような対応をしてくれる業者を選んでおくと安心です。様々な印刷会社はありますが、それぞれで対応が違うため、料金だけでなくどのような対応をしてくれるのかで印刷会社を選ぶことも大切です。

品質と安さのバランスを

インク

同人関係の冊子を印刷するときには、ごく少部数ならば手刷りでも可能ですが、ある程度以上になるのならば業者に頼んだ方が確実です。同人関係の冊子を印刷する場合、なにを重視するかによって業者の選び方は変わってきます。同人誌は個人で楽しむという側面が強く、クオリティをあげて儲けを得たいという人は多くありません。そのため、安さにこだわる人が多いです。安さにこだわる場合でも、条件により安さは変わってくるため条件を揃えて比較しなければなりません。少部数でも安いところもあれば、部数が多くなると安くなるところもあります。もちろんクオリティは個々の会社ごとに異なるので、クオリティも考慮して選ばなければなりません。印刷方法には、オフセット印刷とオンデマンド印刷があります。オフセット印刷は、部数が多いときに安くなる印刷方法です。オンデマンド印刷は部数が多くなると高くなりますが、少部数ならば安いことが多いです。同人誌ならばオンデマンドが一般的です。業者により強みも異なります。フルカラーに強い会社、紙の種類がいくつか選べる会社、グッズも扱っていて割り引きがある会社などがその代表的なものです。サンプルがあることも多いので、サンプルを取り寄せてチェックしてみるとよいでしょう。また、マンガやイラストをメインにするか、小説をメインにするかでも選び方は変わります。それぞれに強い会社があるのでそれぞれ比較して検討すると良いでしょう。