理想の同人誌を作りたいなら専門の印刷業者をフル活用!

ヲタクたちに大人気

手軽に作成できて便利

印刷機

日本のアニメや漫画は文化として外国でも人気です。アニメや漫画の大きなイベントも、毎年、いろいろなところで行われています。その代表的なものは同人誌を即売できるイベントです。同人誌は漫画を描くことが好きな人が自分で作成します。それをイベントで売るのです。一般的な漫画よりもかなり安いので、大した売上にならないこともあります。それでも購入した人が読み、そこから口コミなどで広がっていけば人気の漫画家になれるかもしれません。それに、自分が作ったものが商品として売れるという実感を得られます。このような同人誌を作成する際、専門業者に印刷してもらいましょう。最近は同人誌の印刷業者が増えてきています。一昔前まではモノクロだったものが、今はカラーで印刷した同人誌も多くなってきているのです。まさに、普通に売られている漫画誌のようにきちんとしたものを作成できるというわけです。そんな専門的な印刷業者を選ぶには、よく比較してみましょう。いろいろな業者があるので、安くて印刷が速いところを選んだ方が効率的です。しかも、同人誌の印刷なので見やすく、漫画がよりキレイな仕上がりになるようにしてもらわなくてはなりません。だからこそ、評判が良く実績のある業者に印刷をお願いしましょう。同人誌といってもどのくらいの部数を刷るのか、一部の枚数はどの程度なのかによって費用は異なります。元を取れるように、できるだけ安価な印刷業者を選びましょう。

デザイン性も考える

インク

印刷業者を使って同人誌を作る際は、まず本の製本方法を考えてみましょう。例えば市販されているコミックスと似たような形態の本にしたい場合、無線綴じと呼ばれる方法を選択します。こうした同人誌は背表紙ができますので、本棚に並べやすいのが特徴的です。他にも中綴じと呼ばれる製本方法を選択すれば、少ないページ数の同人誌が作れます。中綴じの方が製本にかかるコストが安くなるのも魅力的なポイントです。個人ではなく印刷業者を通して同人誌を作ることによって、印刷した際に紙を加工してもらうことができるようになります。例えば表紙に存在感を出したい場合、エンボス加工を施してもらいましょう。タイトルロゴをエンボスにすればデザイン性も優れた同人誌が完成します。他にも特別な同人誌であれば箔を押してもらったりホログラム加工してもらったりすることができるのです。イラストレーションを楽しんでもらえるような同人誌を印刷したい方は、中にポスターをつけると良いでしょう。フルカラーのポスターであれば、カラーの発色に定評がある印刷会社を探すことが大切です。同人誌であればフルカラーではなく二色刷りを選択するのも良いでしょう。モノクロだけでなく、ブルーと黒など自分が求める色を選択することができます。作品の世界観を引き立たせる色を選ぶことで漫画自体の見栄えも変化するのです。どのような印刷会社で同人誌を作るのかによって施してもらえる加工や選択できる紙が変わります。

イベントの準備に最適

レディ

同人による漫画や雑誌の存在は一般層にも認知されるようになり、これら同人誌の大型イベントとして同人イベントが例年話題となり、日本国内だけでなく海外からの参加者も多くなっています。同人誌は、もはや日本の文化とも言える同人イベントに必要不可欠なものです。大型のイベントとなるとそれだけ大量に印刷をしなければなりませんが、印刷の負担を軽減するため代行業者が利用されています。同人誌を大量に印刷することはとても大変ですが、個人でそれを行うより印刷の代行業者を利用することで他の準備のための時間を確保することが可能となり、経費の削減にもなります。代行を行う業者も多種多様であり、一般の印刷業者が製作者から依頼を受ける場合が多いですが、中には同人誌の代行印刷を専門に行う業者まであります。料金の設定も各々異なり、大量印刷により一冊当たりの料金が安くなるサービスも存在します。イベントに参加する製作者にとってもイベントの時期に特需が発生する印刷業者にとっても利点があり、そうした意味でも代行業者の利用はイベントの準備に最適と言えるのです。特需が見込まれるイベント開催時期は利用者も多くなるため、あらかじめ印刷の予約をすることが必要となります。予約は電話やメールで簡単に行うことができ、早い時期から予約を入れておけば必要なだけの同人誌を当日までに準備することが可能となります。同人誌の数だけ代行業者が求められる時代となっているのです。